地域に根差して19年!鹿児島市紫原で評判の整体院です。

〈ホットニュース〉 寒暖差アレルギー

気温の急な変化によるもの

 鼻がむずがゆく、鼻水や鼻詰まり、くしゃみが止まらない――。これらは、もしかしたら、春や秋によく見られる「寒暖差アレルギー」かもしれません。

 正確にはアレルギーではなく「血管運動性鼻炎」といいます。
 鼻風邪や花粉症と症状が似ていますが、原因となるアレルゲンやウイルスの関与はありません。
 秋は、日中の最高気温が25度を超える日があったと思えば、次の日には10度近く下がったりします。
 また、1日の中で、最高気温と最低気温の差が7度以上あることも珍しくありません。
 気温の急激な変化は、自律神経のバランスを崩し、鼻の粘膜が過敏に刺激されて炎症を起こしてしまうのです。
 対策としては、マスクを着用して体が感じる温度差を少なくすること。そして上着やマフラー、膝掛けなど温度調節のできる服装を心掛けることが効果的です。
 また、血液は全身をめぐることから、下肢など、下半身を冷やさないようにすることも大切です。
 (フリーライター 大柴雅子)

健友館ゆうき整体院の栗野雄二です。webサイトをご覧頂きありがとうございます。今日は勤労感謝の日。健康で働けることに感謝して今日も一日頑張りましょう(^o^)/ 寒暖差があり、自律神経の乱れを引き起こしやすいので気をつけましょう!!

土・日・祝日も営業!出張(訪問)整体をご希望の方は、お気軽に相談下さい。

ご予約はこちら
健友館ゆうき整体院