地域に根差して19年!鹿児島市紫原で評判の整体院です。

斎藤一人 天が味方する「引き寄せの法則」 より・・

この世の中で起きるすべての問題には
その内容の困難さや
出来事の大小にかかわらず
共通していることがあります。

それは、必ず最後には
なんとかなる か どうにかなる

この2つは明確なる答えなんです。

たとえばカンタンな例でいうと
「この本はこの人の役に立つな」
と思って勧めても
一所懸命に読んでくれる人もいれば
まったく読もうとしない人もいる。

それで、一所懸命に読んでくれる人は
そこから学びを得て
問題を解決できる人なんです。

そしてまったく読もうとしない人は
読まなくてもどうにかなる人。

だから両方とも
なんとかなる か どうにかなる

これが基準です。

この世でなんとかできるのは
自分のことだけなんです。

だから、自分のことは自分でなんとかするの

他人(ひと)のことは
どうにもならないんだよ。

それで、他人はどうにもならないかというと
なんとかなる。

「この人たち放っておくと大変なことに
なっちゃうんじゃないか」
っていうような人でも
見てるとそうならないの。

たとえば
まったく経済観念がない経営者がいて
「この人、大丈夫かな?」って思うけど
そういう人は経営者に向かないの。

だからしばらくすると
その会社はなくなって
その経営者は働きに出ることに
なったりしてるんだよね。

物事って、一番いいかたちに流れていくようになっているんだよ。

多くの人は「商売が続くことがいい」という固定観念があるんだけど
商売に向かない人が商売続けていても
しょうがないんだよ。

だから経営者に向かない人が商売していると
自然とお店がなくなって
勤めにいくことになっているの。

そういう人は
経営者には向かないかもしれないけど
勤め人ならなんとかなって
お給料もらって生活できたりするんだよね。

だから、人は必ずなんとかなる。

この世の中は必ず
なんとかなるどうにかなるということを
知らないと、勝手に思い詰めて
自殺しちゃう人が出ちゃうの。

でも自殺しても魂は死なないから
また学び直すために
生まれ変わってくるだけなの。

人は悩んでるんじゃなくて、学んでるの。

その人にとって必要なことを
その出来事を通じて学んでるんです。

そしてどんな問題も
その人にとって最善の方法で
自然の流れでいい方に行くの。

それを
「自分が決めて始めたことなんだから
途中であきらめたらダメだ!」とかって
自分の価値観を
相手に押し付ける人がいるんだよね。

スポーツで全国大会に出るような人は
出た方がいいから出られるの。

逆に、出られない人は出ない方がいいんだよ

世の中というのは
「必ずなんとかなるんだ」
という目で見てないと
苦労が絶えないからね。

【人の心に灯をともす】https://merumo.ne.jp/00564226.html より
若いうちは
この学校や会社に入れなかったら
生きている価値はない
などと思い詰めることがある。

それは、病気や事故、恋愛や人間関係の挫折や

仕事上の失敗などに出くわしたときにも同じことが言える。

しかし、長い人生を振り返ってみたときには
そのときどんなに越えられない難問だと
思ったことも、通り過ぎてみたら
すべて結局は、なんとかなっていた。

神様はその人に乗り越えられない壁は
用意していない、というがまさにその通りだ

人の悩み事や問題は必死でもがいていれば
必ず時間が解決してくれる。

そして時間が経過すれば
失敗や不幸だと思ったことは
実は成功や幸せの始まりに過ぎない
ということに必ず気づく。

「どんな困難も、必ず最後には
なんとかなる か どうにかなる

人は、悩んでいるのではなくて
学んでいるだけなのだから。

※参考にしてみてはどうでしょうか??

7月9日(水)☂・・・

台風8号が接近しております。大きな被害にならないように祈ります。

今日も最高最善な1日になりますように・・・(*^^)v

土・日・祝日も営業!出張(訪問)整体をご希望の方は、お気軽に相談下さい。

ご予約はこちら
健友館ゆうき整体院